lavare_kanno

ベーチェット病とアロマセラピー

ベーチェット病とアロマセラピー
先日ベーチェット病の方のお話を伺いました。 ベーチェット病は自己免疫疾患のひとつで、 なぜ発病するのかは 原因がわかっていません。 血管や静脈に炎症を起こすこと。 粘膜に炎症と痛みが出ることなどを伺いアロマセラピーでのケ...

花粉症とアロマセラピー

花粉症とアロマセラピー
春の到来ですが、花粉症の方にとりましては本当に辛い時期ですね。 荷物の集荷に来てくださったドライバーの方がマスクをして、鼻声でしたので伺いますとやはりひどい花粉症なのだそうです。 外に出るお仕事なのでどうしようもないと嘆...

女性ホルモンとアロマ

女性ホルモンとアロマ
男性もそうではありますが、それ以上に女性は ホルモンと付き合っていく場面が多いように 感じます。 月経、妊娠、出産、更年期。 大人の階段を登ると色々出てきます。 その年齢ならではのホルモンの悩みがあります。 精油にはエス...

膀胱炎とカンジタにアロマ

膀胱炎とカンジタにアロマ
膀胱炎などで病院にかかると抗生物質が出ます。 抗生物質を飲むとカンジタ性腟炎になり どちらも辛いとご相談を受けます。 女性ならではの悩みです。 抗生物質は菌を殺してくれるのですが、膣を守る菌にも働きかけるので結果カンジタ...

脳と線維筋痛症

脳と線維筋痛症
寒さがまだ厳しいです。 寒いと体が悴んで痛みが出やすい方も多いのではないでしょうか。 線維筋痛症の原因が痛みの部位の原因ではなく脳からの指令の誤作動でなないかという研究結果が出たようです。 以前に事故や手術で、体の一部を...

感染症とアロマセラピー

感染症とアロマセラピー
空気が乾燥する季節には、風邪やインフルエンザなどの感染症が流行ります。 アロマでは、抗菌、抗ウイルス作用のある精油を選択することと、その前の予防に免疫力を高める精油や呼吸器ケアをしておくことが良いでしょう。 精油はひとつ...

浮腫とアロマテラピー

浮腫とアロマテラピー
女性はとくにむくみを気にされる方が多くいます。 体の冷え、代謝の低下、塩分の摂りすぎなどの原因から 腎機能の影響や、手術の影響での浮腫など悩まれる方が増えています。 水分代謝を上げるには利尿作用のある精油がおすすめです。...

抗がん作用とフランキンセンス

抗がん作用とフランキンセンス
街を歩けばクリスマスのイルミネーションで 賑わっていますね。 アロマセラピストの世界ではクリスマスといえば フランキンセンスとなります。 イエスキリストの誕生の際に献上されたフランキンセンスの樹脂。 フランキンセンスは偉...

インフルエンザとアロマセラピー

インフルエンザとアロマセラピー
年末になるとインフルエンザが流行します。 今年はワクチンが足りないそうで、高齢者とお子様を 優先してほしいと呼びかけていました。 私の自慢のひとつですが、インフルエンザにかかったことがありません。 しかもワクチンはやりま...

自閉症とアロマセラピー

自閉症とアロマセラピー
大手エステティックサロンで働きはじめた頃、 上司のお子さんが自閉症でした。 小学校1年生の男の子でした。 息子が自閉症で普通の学校に通わせているが 協調性がなくて、父兄や先生から学校を変えて欲しいと言われて悩んでいました...