コロナ後遺症と嗅覚トレーニング

先日番組でコロナによる後遺症で嗅覚障害に
嗅覚トレーニングとして
アロマセラピーが有効と紹介されました。
1日2回ラベンダー精油を嗅ぐという方法です。
鼻がきかないと味もわからない味覚障害にもつながります。

精油の持つ方香分子が嗅毛から嗅神経→嗅球に伝わり
大脳辺縁系に伝わっていきます。

今回の嗅覚トレーニングはまさに、アロマセラピーの
嗅覚療法そのものです。

アロマを勉強すると鼻が敏感になる方が多いのですが、
それは嗅覚も鍛えると敏感になるからです。
嗅覚を鍛えるとはわかりにくいですが、日常にアロマを
取り入れることです。

認知症の前兆でも匂いを感じなくなる方が少なくありません。

嗅覚を鍛えることは脳に刺激を与えることにもつながります。
しかし、香りは合成では脳の反応はあまり期待できず
天然100%の精油をお使いくださいね。