顔面麻痺とアロマ

ストレスが原因なのか、、突然の顔面麻痺になる方がいます。
アロマのケアでは血流を良くすること、また、嗅覚から精油を入れ精神的なケアを考えます。

スィートアーモンドオイルなどのキャリアオイルに、
・マンダリン
・ゼラニウムエジプト
・ラベンダーアングスティフォリア
・ヘリクリサム
上記の精油をブレンドして、顔面に薄く塗布のみして下さい。

濃度は2パーセントくらいで作り、一回で塗布するのはオイル5滴程度とし、薄く塗布しましょう。

強いマッサージは良くないので、塗るだけにしましょう。

これらの精油を選んだ理由をお伝えしますと、マンダリンにはエステル類のアントラニル酸ジメチルに抗鬱作用、抗不安作用があります。
またd-リモネンに血流を良くする作用も期待できます。

そして、ラベンダーアングスティフォリアには酢酸リナリル、ゼラニウムエジプトにはリナロールが含有し、精神的、肉体的なリラックスにおすすめです。

ヘリクリサムに含有される、βージオンは血腫抑制、血液凝固作用で知られています。
今回はエステル類の鎮痙攣作用や鎮静作用などの炎症を抑える目的で選びました。

私はヘリクリサムの精油を化粧水で使用すると、肌の血流も良くなり血色がワントーン上がるようにも感じています。

そして、顔面麻痺には冷やすこと、特に耳の後ろなどを冷やすと逆効果になります!
ですので、ペパーミントなどの冷却作用のある精油は避けることがポイントです!

もちろん、日々のストレスケアもこころがけましょうね。